Asian Pacific Society of Prion Research (APSPR)

アジア太平洋プリオン研究会の沿革

本研究会の源流は、2004年に東北大学の北本哲之教授により仙台で開催された国際シンポジウム(International Symposium of Prion Disease for Food and Drug Safety)と、それを契機に日本国内で毎年開催されるようになったプリオン研究会(Prion Symposium)にあります。プリオン研究会では、プリオンやプリオン病の研究に携わる日本の研究者が、一同に会してシンポジウム形式で勉強や情報交換を行って来ました。2010年には北海道大学の堀内基広教授が参集範囲を海外にも拡げ、アジア・オセアニア プリオン病シンポジウム(Asia-Oceania Symposium on Prion Disease)を札幌で開催されました。2011年には東京医科歯科大学の水澤英洋教授がアジア・パシフィック プリオンシンポジウム(Asian Pacific Prion Symposium、APPSと略)と改称し、軽井沢でシンポジウムを開催されましたが、その際、シンポジウムのあり方として、研究者ならびに関係者が自ら基盤となる組織を構成し、その学術集会とすべきであると水澤先生からご提案があり、APPS参加者全員の賛同のもと、「アジア太平洋プリオン研究会(Asian Pacific Society of Prion Research、APSPRと略)」が発足いたしました。

APSPR初代理事長には、独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所の毛利資郎プリオン病研究センター長が就任され、研究会の基盤を整備されました。学術集会であるAPPSは、2012年は毛利先生により横浜で、2013年には長崎大学の調 漸教授により佐世保で開催されました。2013年よりAPSPR理事長に徳島大学の坂口末廣教授が就任され、2014年のAPPSは韓国のHallym UniversityのYong-Sun Kim教授により済州島で、2015年のAPPSは金沢大学の山田正仁教授により金沢で開催されました。2015年よりAPSPR理事長に東北大学の堂浦克美教授が就任され、2016年のAPPSは岐阜大学の桑田一夫教授が組織されてPrion2016(会長:水澤英洋先生、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院長)と合同のシンポジウムPrion2016/APPS2016が東京で開催されました。このシンポジウムでは、プリオン病の克服に向けて一層の国際協力の促進を呼び掛けた東京宣言が採択されました。2017年のAPPSはUniversity of MelbourneのSteven John Collins 教授によりメルボルンで開催されました。2017年よりAPSPR理事長に北海道大学の堀内基広教授が就任されました。

今後の学術集会の予定ですが、2018年のAPPSは東京都産業技術研究センターの八谷如美先生により東京で10月4〜5日に開催されます。2019年のAPPSは理化学研究所 脳科学総合研究センターの田中元雅先生により埼玉で開催されます。さらに、2020年のAPPSはNational Institute for Viral Disease Control and Prevention, China CDCのXiao-Ping Dong先生により北京で開催されます。